貰って嬉しいノベルティグッズ
2018年8月18日

ノベルティは持ち帰って使える物がよい

ノベルティグッズは、様々なイベントや記念展などで配布されますが、中にはイベント内容と合ってないものが配られることもあります。

例えば、スポーツのイベントに参加したときに、参加賞として配られるのがキャラクターのクリアファイルやボールペンなどの文房具だったりして、イベントの趣旨と合っていなかったりします。一般的に、イベントに合わせたものが多く、貰う側としてもイベント関連のものが嬉しいものです。スポーツのイベントなら、タオルやドリンクなどの方が好ましく思われます。

受け取ったときに、中身を見てがっかりしてしまうと、イベントの企画者に対してのイメージもダウンしますし、不用品だとそのまま捨てられてしまう可能性もあります。実際、イベントが終わるとゴミ箱にそのまま捨てられてしまったり、置いて帰ってしまったりすることもあるので、配布する企業やお店は、貰って嬉しく、持ち帰りたくなるものを選ぶことが重用になります。

イベントなどで貰えるノベルティグッズには、大体関連のイベント名がプリントされていて、記念品としてはよいですが、実際に貰って嬉しいかは別になります。ノベルティの目的には、企業の宣伝も含まれていますから、派手にイベント名や企業名などが入って使いにくいものだと、持ち帰ってもらっても使用されることなく処分されてしまいます。ロゴ名を入れるときも、使用しやすいシンプルなデザインにして、実際に利用するときに邪魔にならないような工夫が必要です。

普段から使えるようなデザインにするのは、難しくありません。カラーもシンプルなホワイトなどがよく、シンプルにロゴ名だけが入っているだけなら、普段でも使いやすいです。持ち帰って使用してもらい、そして広告を目にしてもらうことにノベルティは意味がありますから、使用しやすいものを選ぶことが大切です。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *