貰って嬉しいノベルティグッズ
2018年9月9日

名入れノベルティを使う宣伝効果

ノベルティは会社や商品の宣伝方法として利用されることも多く、名前や文字を入れて認識率を上げる役目も果たしています。

もらってうれしいものは長く使いますし、長く使えるものであれば道具に愛着も生まれます。名入れした商品であれば必要になった時にすぐに利用してもらえる効果も高まります。

カレンダーなど通年で使用される商品は、常に目立つ場所での利用が多く見込まれます。年末になると取り外して新しいものと取り換えるので、機能的で便利なものであれば、カレンダー目当てに商品を購入してもらえる可能性もあります。

販促効果を高める粗品としてノベルティ商品は名前を入れて配布することも多く、記念日やイベントなどの記念品として利用すると、集客を高めるための目玉としても役立てることができます。販促商品は目立つことを主眼に置いているために、変わったものを選んでしまいがちですが、あくまでも実用的な範囲内で選ぶことが大切です。

通常のボールペンであれば多色式のボールペンなどに変更すると、目先が変わって受け取ってもらえる可能性も高くなります。新装開店やイベントなどにおいて、ノベルティを利用した宣伝効果は高くなる可能性があり、一時的に経費をかけても将来的なメリットは高くなります。

会社の名前や商品を覚えてもらうことが重要なので、カレンダーやボールペンなどのように実用的で長く使ってもらえるものを選ぶと、より高い効果を期待することができます。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *