貰って嬉しいノベルティグッズ
2018年9月12日

シーンに合わせたノベルティ商品の選択

販促品に利用されるノベルティの多くは、長く利用してもらえる商品を中心に選ばれています。

もらってうれしいものでないと長く使ってもらえることはありませんし、日常必要でない商品は使わないでしまい込まれてしまうか、捨てられる可能性もあります。長く使ってもらえる商品であれば配布した会社のイメージアップにつなげることもできますし、会社の名前や商品を長く記憶にとどめてもらえることにもなります。

ノベルティの商品に会社名などを印刷することで、利用する人が会社名に親しみを感じることもあります。毎日人目に触れるカレンダーや時計などは、邪魔になることもないので捨てられずに使用される場合が多いですが、配布する商品の糸を間違えると、利用されることもなく忘れられてしまいます。

同じカレンダーでも予定が記入できたりすると便利ですが、デザインはよくても暦が小さかったりすると利用される可能性は下がります。商品選びには注意が必要です。ノベルティは幅広い年齢層からターゲットを絞り込んで、一部の顧客に向けた配布も効果があります。

デザイン性の高いものや人目を惹くかわいいものなど、若い人向けの店舗での集客率を考えた場合や、少し落ち着いた店舗で年配者の来店が多い場合には、ハンカチや印鑑ケースなどの落ち着いた小物などを用意すると、帰り際の荷物人ならないので店側の配慮もアピールできます。ノベルティに選ぶ商品は、無駄にならない認知度をアップにつながる商品を選ぶことが重要です。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *