貰って嬉しいノベルティグッズ
2018年10月18日

ノベルティの意味と販促品との違い

「ノベルティ」とは会社が自社や自社ブランドの宣伝目的の為に無料で配る記念品・品物の事です。

あくまでも自社のアピールが第一の狙いなので、何かしらの商品を捌くのが目的な訳ではありません。ですから配られる品物は既存の市販品である事が多く、品物に社名やブランドロゴを入れて配られます。配布されるものとしてはボールペンやカレンダー、メモ帳、タオルなど実用的な物が多く、中にはキーホルダーや手さげのバッグなどもあり多種多様です。こうしたノベルティ品は、主に展示会やイベント会場のブース、自社周辺で配布されます。

このノベルティに似た品物の1つに「販促品」と呼ばれる物があります。販促品とは販売を促進する目的で配られる品物の事で、ノベルティのように、会社や自社ブランドの宣伝が一番の目的ではありません。販促品の配布による販売促進には、直接的・間接的な方法が用いられます。直接的な方法としては、売りたい商品に「おまけ」として付け加えプレゼントする方法です。

一方、間接的な方法には来店者に限定配布する方法があります。チラシやホームページによる事前告知で集客増加を狙い、販売促進に繋げます。販促品の場合は、商品に関連したアイテムを作成して配布したり、ターゲット層を惹きつける品物を配布する事が多いです。要約するとノベルティは自社や自社ブランドのアピール、販促品は商品の販売促進が主たる目的になります。両者の共通点は会社や自社ブランド、商品などの認知度やイメージが個人・法人問わず結果的に向上する点です。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *