貰って嬉しいノベルティグッズ
2018年10月21日

売り上げにつながるノベルティでの販促方法

販促用のノベルティを配布する際に気を付けることは、自社の商品に興味を持ってもらえるターゲット層を中心に考えることが必要です。

購買層を分析する際に単純に性別や年齢で分けることがあります。性別で分けると男性も女性も年齢が広範囲になり、個人の条件も変わってきます。独身の人に子育てに必要なものなどを配布しても、もらった人は戸惑ったり必要のないものをもらったというマイナスのイメージを抱くこともありあります。販促商品において、必要がないと判断されることは会社にとってのイメージダウンになります。

集客や売上につながる販促効果を狙うノベルティは、企業イメージのアップと好感度を上げる重要な役割を果たします。もらって喜ばれる商品を選ぶことは、商品選びのセンスや顧客のニーズがわかっていると理解されます。企業イメージが上がると顧客はその企業についてよいほうに解釈するようになり、商品についても興味を持ってもらえる可能性が高くなります。顧客のニーズが理解できる企業は好感度も上がります。

自社の商品を売り込む顧客に配るノベルティは、様々なリサーチを重ねながら、自社製品と同じ傾向にあるものを選ぶと関心を向けやすくなります。もらってうれしい商品は、企業の評価と好感度を上げる重要なポイントになります。商品を選ぶときには顧客の満足度を高めるための方法をより理解し、さらに自社製品に目を向けさせる商品紹介にノベルティを利用することも効果的です。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *